Androidな毎日

Androidスマートフォン、タブレットの最新情報や活用方法の紹介。

「SPモードメール」Ver 5200の固まったりするバグ

      2013/07/06

11月18日にアップデートされた「SPモードメール」ですが、起動したとたんに画面が黒くなったり、強制終了してしまうバグが発生しています。

 

SPモードメール 5200

 

docomoは12月1日に「SPモードメール」のバージョン5200の不具合について12月中旬頃には解消したアプリをリリースすると公表しました。

http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/111201_01_m.html

 

 

ドコモからのお知らせからの転記

 

1.発生事象

(1)メールアプリを起動した時に画面が黒くなる
下記のバージョンから5200にバージョアップし、アプリを起動した際に、メールデータの変換処理のため画面が黒くなります。数秒から10分程度お待ちいただくとご利用できるようになります。
・Ver.4700(2011年7月28日リリース)⇒Ver.5200
・Ver.4800(2011年7月29日リリース)⇒Ver.5200
上記以外の場合にも画面が黒くなる可能性があります。
なお、メールデータの変換処理中に、電池パックを取り外す等により強制的に電源を落とした場合、アプリのアンインストールが必要になる場合があります。この場合、メールデータは失われますので、ご注意ください。

(2)メール作成・返信時に強制終了する
「新規メール」、「返信メール」ボタンを押下すると、強制終了画面が表示される場合があります。

(3)メール作成画面の電話帳ボタン押下時に、強制終了する
メール作成画面にて宛先箇所の「電話帳ボタン」を押下すると、 強制終了画面が表示される場合があります。

(4)メール一覧画面にて電話帳に登録してある名前が表示されない
メール受信時に、受信BOXのメール一覧画面で電話帳に登録された名前が表示されず、メールアドレスが表示される場合があります。

(5)メール受信時刻が24時間表記となる
メール受信時刻が0:00ではなく24:00と表示されます。

 

 

このアップデートでプラスされる機能はデコメ絵文字やデコメピクチャの機能をパワーアップした「デコメ絵文字pop」及び「デコメピクチャpop」が使えるようになることです。

 

デコメ絵文字にアニメーションを付加させたようなものですが、

今のところバージョン5200にアップデートしていない場合はこの機能を後延ばしにしてもアップデートを控えた方がよさそうです。

 - アプリ ,