Androidな毎日

Androidスマートフォン、タブレットの最新情報や活用方法の紹介。

MEDIAS N-04C バッテリーの異常な減り方の検証

      2013/07/07

 

先日に書いた

MEDIAS(N-04C)のAndroid 2.3.3へアップデート後の電池の消耗の改善法?

の続編で、軽い検証結果です。

 

Wi-FiのON/OFFで結構変わるのかな?と思いましたが、また何か違う要因がありそうです。

今回は2段階に分けてバッテリーの異常な消費するタイミングがありました。

 

 

MEDIAS バッテリー状況

 

1回目はまず70%ぐらいで安定していたのが急に50%に落ちました。

落ちだす直前にWi-FiをONにしたぐらい。

そして、Wi-FiをOFFにすると50%ちょいでまた安定しだしました。

 

MEDIAS バッテリー状況

 

そして、またWi-FiをONにすると急激にダウンし、37,8%ぐらいにダウンし安定しましたが、しばらくWi-FIをONにしてみましたが変わらず安定していました。

前回の記事で自動でWi-FiのONのままでしばらく操作してなかったら切断がされるいハズがされていなさそうと記載しましたが、今日は自動で切断されているタイミングはあったので自動で切断はすると思われます。

 

MEDIAS バッテリー状況

 

Wi-FiをオフにしながらちょこちょこディスプレイをONにしたりしても、安定して急激な消費はありませんでした。

 

MEDIAS バッテリー状況

 

第2回目の急激な消費は38%ぐらいから24%ぐらいまで落ちています。

しかし、1回目のダウン率よりは少ない感じです。

 

なぜか、半分切ったぐらいからはWi-FiがONでも安定するみたいで、50%以上の時によくみられる事がわかりました。

結果、ある一定のバッテリー残量になると電池が全く減らないタイミングがある。

なので予想ではやっぱりソフトウェアの問題じゃないかと思います。

 

というのが、

auのレグザフォンでもアップデート後電池が3時間ぐらいで残量なしぐらいまでダウンするという事例があるらしく、その場合は電池交換をしても同じ症状がでていた為預かり修理になりました。

現在、修理を出しているところなので、改善方法はどうやったのかはまだ不明です。

 

このような症状の場合はショップに持って行って見てもらう方がいいと思うので、近々出向いてみようと思います。

 - よくある疑問解決 ,