Androidな毎日

Androidスマートフォン、タブレットの最新情報や活用方法の紹介。

MEDIAS(N-04C)のAndroid 2.3.3へアップデート後の電池の消耗の改善法?

      2013/07/09

 

iPhone 4S並びにiOS 5の電池の消耗の問題があっちこっとで取り上げられていますが、もう一台の所有しているAndroidスマートフォンのバッテリーの問題が出てきました。

ブログ名にもある通りMEDIAS(N-04C)も所有しています。

この機種が先日、Android 2.2→Android 2.3へアップデートが無事開始(一時中断のため再開)されアップデートをしたんですが、

電池の消耗が激しい?ような激しくないようなおかしな動きをしています。

 

バッテリーミックスでの観測

[Battery Mixを使用]

 

このグラフですが、

 

  • 青色のグラフが充電してない状態。
  • オレンジ色のグラフが充電中。(USBで充電になってますが、実際はAC電源です)

 

8:00頃から9:00の間で数回、スリープ状態から画面をつけたぐらいの動作で、バッテリー残量が40%ぐらいから20%までダウンし、しばらくしてまた40%ぐらいまで復活しています。

この復活したタイミングのとこで電源を差し充電した時に、バッテリー残量の%が一気に増えたので本来はそこまで減ってないのかな?といった具合です。

充電をした時はほぼ毎回残量の%数値が一気に増える状態です。

 

再起動をかけても症状は解決せず。

 

12:00ぐらい14:30ぐらいまでと18:00過ぎぐらいからWi-Fiが切れているのは自動ではなく手動です。

以前までは、Wi-FiをONにしてWi-Fi接続が確定していて操作中は切断されず、スリープモードになってしばらくするとWi-Fi接続が自動で切断をされる仕組みのハズでしたがAndroid 2.3にアップデート後、自動で切断されてない気がします。

もう一機、身内で同じ機種を持っており同時期にAndroid 2.3へアップデートをしていますが同じ症状になっています。

 

これは何かのバグか不明ですが、電池の消耗を抑える有効手段と思われる事が、

今回アップデートによりインストールされてしまった「MEDIAS NAVI」をOFFにします。

 

設定 ⇒ 端末情報 ⇒ 「MEDIAS NAVI」の☑を外す

 

MEDIAS NAVIをオフにする

 

 

MEDIAS NAVIをOFFにする2

 

 

 

それと、自動でアップデートを行うアプリを自動でアップデートさせないようにすることと、

一番はWi-Fiを使わない時は確実にOFFにすることです。

 

昨晩はこれで数時間バッテリーが36%をキープしていました。

一概にこれで改善とうわけじゃなく、

本当に電池残量が減ってるのか?

ソフトウェア的に表示がおかしいのか?

 

ここらへんの切り分けは再調査する予定です。

 - スマートフォン情報 ,