【随時更新】iPhone AndoridスマホMNPキャッシュバック情報
詳細はこちら

スマホを安く買うなら電気通信事業法の改正前の9月末まで?

総務省

秋ごろに電気通信事業法の改正によって、解約の違約金が1,000円になったり、スマホの購入時の割引額の上限(仮で3万円)が設けられるなどの案がでており色々と携帯業界の料金が大きくかわってきます。

携帯会社にとって収益が減る改正になるため、スマホを安く手に入れるにはその電気通信事業法の改正が施行される前までと予想しています。
※法の改正が10月開始と勝手に予想して記事を書いています。

スマホを安く買うなら9月末までの理由

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアは”安くスマートフォンを出す時期が決まっていました。”

「決まっていた。」と過去形で書いたのは今年は電気通信事業法の改正の絡みがあり、金額の増減はありますが去年の末頃からずっと大きめの金額のキャッシュバックが行われています。

従来どおりでいくと、大手3大キャリアは9月末が半期の決算月になるので一年の中でも比較的乗り換えのや新規契約でもキャッシュバック特典が多い月になります。

安く販売できる最終月

半期決算の月であることと、電気通信事業法の改正前のプランで販売ができる最終のタイミングになるからです。

法の改正後は各キャリア取り扱い端末の料金が1.5倍ほどになるのではないかという話もある筋から入ってきているので安くスマホを手に入れいるならこのタイミングまでです。

新機種発売時期の前月

例年のままいくと10月は各メーカーからの新機種を発売するため、それまで取り扱っていた機種は旧機種になってしまいます。

新機種の取り扱いが始まったから旧機種は売れないわけではありませんが、今までであれば、それを9月頃から年末年始や決算月の3月にかけて在庫を売り切るために高額キャッシュバックなどで販売していました。

それが、法の改正後できなくなるとすれば改正前の9月末までに一気に在庫を出し切ってしまわないと不良在庫になってしまいます。

購入タイミングが9月では遅いかも?

上記に記載したとおり、去年までであればGWやお盆などの連休や決算絡みの時期以外は高額キャッシュバックがほとんどありませんでした。

今年は「こんな大きなキャッシュバックは今年の3月末までが最後だと思ってやってます」と店員さんが言っていましたが、

4月以降も連休など関係なく「iPhone 8」 一括0円5月に発売されたばかりの「Xperia 1」が 一括25,000円で販売されていたりとキャッシュバックをエサに在庫をはいています。

この勢いでいくと9月末頃には安く手に入るほしい機種の在庫がなくなってしまうことも考えられるので、ほしい機種でいい条件があれば早めに行動した方が良さそうです。

タイトルとURLをコピーしました