ワイモバイル通話料無料なのに通話料がかかる罠

ワイモバイルの標準プランでは10分間なら「国内通話が何回かけても無料」とうたっていますが実は無料通話対象外の通話料がかかる通話が存在します。

え!?
0570のナビダイヤルとかは別に料金設定されてるからわかるけど他にも国内で通話料かかるの??

10分以上通話していないのに通話料が発生

ソフトバンクからワイモバイルに切り替えたので、通信量がどのぐらい使われているかをこまめに「My Y!mobile」で確認していました。

「My Y!mobile」にログインしてすぐの画面でデータ通信量と一緒に現在発生している通話も下に表示されます。

その時、『通話料が40円発生してる!?なんで??』

my Y!mobile料金確認画面

契約開始してから10分以上の通話をしてないし、そもそも1回しか通話してないのに??

っていう感じでした。

そこで気になる通話料の下のリンク「通話料発生の理由」です。

通話料金発生は「留守番電話の再生」

前に書いた記事でソフトバンク回線からワイモバイル回線へ切り替えのタイミングの注意を記載しましたが、切り替えのタイミングがわからず圏外が続いていていたので留守番電話が入っていたので再生したことで通話料が発生していました。

ドコモ、ソフトバンク、auでは留守番電話サービスにかけてもかけ放題プランなら通話料が発生しないので、ワイモバイルも同じと思っていたのが失敗です。

ワイモバイルは他のキャリアと違い、留守番電話サービスが無料でついているというメリットがありますが留守番電のメッセージ再生の通話料で稼ぎにくるとは。。。

しかも、10分まで通話無料のプランだけではなく通話時間無制限の「スーパーだれとでも定額」のプランにしても留守番電話のメッセージ再生に通話料がかかります。

無料通話が対象外の宛先

以下の項目に当てはまると、

「だれとでも定額」
「スーパーだれとでも定額」
「スマホプラン」および「スマホベーシックプラン」

のすべてのプランで無料通話対象外になり、通話料が発生します。

  • 国際ローミング・国際電話(海外への通話)
  • 留守番電話センターへの通話料(再生・録音料※1を含む)
  • 0570(ナビダイヤル)/0180(テレドーム)などから始まる他社が料金設定している番号への通話料
  • 番号案内(104)
  • 当社が指定し別途公表する電話番号
    (一方的な発信または機械的な発信により、一定時間内に長時間または多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号等)
  • 他社着信転送サービス(他の電気通信事業者が有する電話番号(以下「転送元電話番号」といいます。)を介して他の電話番号に着信する通話を主たる目的として、転送元電話番号を有する電気通信事業者が提供する電気通信サービスをいいます。)にかかる通話(当社が認めるものに限ります。)
ワイモバイル無料通話対象外の宛先一覧

留守番電話転送を停止

留守番電話機能がいらない、留守番電話をいれられると困るという場合は留守番電話サービスを「停止」しましょう。

1.「My Y!mobile」へログイン

2.トップ画面下の方にある「お手続きメニュー」の下の方にある「もっとみる」

マイワイモバイルお手続きメニュー「もっと見る」

3.「留守番電話・転送電話の設定」を選択

マイワイモバイルお手続きメニュー留守番電話・転送電話の設定

4.「転送設定しない」を選択

マイワイモバイルお手続きメニュー留守番電話・転送電話の設定「転送しない」

電話の転送も通話料が有料

通話し放題のプランに入っていればドコモ、au、ソフトバンクは転送電話が無料ですが、ワイモバイルでは有料です。

仕事の電話に出れない時に着信数秒後に会社へ転送をしようとすれば通話料がかかってきていしまいます。

ワイモバイルは格安SIMの中でも通話無制限のプランが用意されていたり、ソフトバンクの回線を利用したMVNOより高速データ通信が可能な品質のいいサービスではあると思いますがビジネス用として利用するとコスパは良くないですね。

タイトルとURLをコピーしました