【随時更新】ahamo、LINEMO、povo各プラン、対応機種まとめ
詳細はこちら

Sense3 SH-M12の伝言メモ(簡易留守録)設定方法

キャリア版のAQUOS sense3でも伝言メモが利用できます。

マニュアル等を見た感じ見つけられなかったので、使い方を探されている方はよかったら参考にしてください。

sense3の伝言メモ (簡易留守録)設定方法

sense3 SH-M12に標準でインストールされている電話アプリから伝言メモ(簡易留守録)の設定を行います。

※各画像をクリック(タップ)すると大きな画像で確認できます。

電話アプリの右上にある縦に…の部分をタップします。

sense3簡易留守録(伝言メモ)設定画面

出てきたウインドウの「設定」をタップ。

sense3簡易留守録(伝言メモ)設定画面

設定画面の「通話アカウント」をタップ。

sense3簡易留守録(伝言メモ)設定画面

通話アカウント画面の「簡易留守録」をタップすると簡易留守録の設定画面に移動するので設定します。

sense3簡易留守録(伝言メモ)設定画面

sense3の伝言メモ (簡易留守録)でできること

sense3簡易留守録(伝言メモ)設定画面

簡易留守録のON/OFFの他にマナーモードの時だけ自動で簡易留守録がONにすることができます。

着信から簡易留守録時間を1秒~55秒の範囲で設定できます。

応答メッセージは一つだけあり、変更等はできません。

どんな内容かは「応答メセージ確認」の中にある、メッセージ部分を長押しすると再生ボタンが表示されるので確認することができます。

タイトルとURLをコピーしました