シムフリー版AQUOS sense3(SH-M12)でSDカードとSIM2枚同時利用方法

AQUOS sense3(SH-M12)はSDカードに対応したスマホですが、本体容量(ROM)が64GBしかないので大容量のSDカードでカバーすることでコスパのいいスマホになります。

しかし、SDカードとSIMカードが同じ場所でどちらかしか入れれない構造(排他式)なので、

「SIMカードを2枚挿れる」
もしくは、
「 SIMカード1枚+SDカード」

の組み合わせになってしまい、“通常であれば”SIMカード2枚+SDカードを同時に利用することが出来ません。

そこで、SIMカードを2枚入れながらSDカードを使用する方法を紹介します。

AQUOSsense3SIM2枚とSDカード同時使用

sense3のSIMトレイにフレキシブルケーブル延長SIMアダプタを使う

以前にZenfone3で試した方法と同じ方法になりますが、フレキシブルケーブル延長アダプタを利用します。

通常のSIMカードとSDカードを重ねるとSIMスロットに入り切らない厚みになってしまいます。

このケーブルを使用することで、厚みが薄いスロットでもSDカードと重ねてSIMスロットに入れることができます。

sense3のSIMスロット構造はひと工夫必要

ほとんどのスマホのSIMスロットは、SIMスロットにある小さな穴をピンで差してスロットを取り出す形状です。

しかし、sense3はピンがなくても爪で取り出せるSIMトレイになっているためフレキシブル延長SIMケーブルを使うには下から回して挟む必要があります。

AQUOSsense3にSIM延長アダプタフレキシブルケーブル装着

↓上からケーブルを這わせてSDカードをいれるとこうなってしまい、這わせているケーブルが邪魔をするのでスロットが最後まで入りきりません。

AQUOSsense3にSIM延長アダプタ装着失敗例

そこで、SDカードの下に来る部分を下から挟むようにします。

↓裏からSIMトレイを撮影した写真

AQUOSsense3に正しいSIM延長アダプタ装着

SIMの接点部分のフチが薄いのでSDカードで挟んだ状態を指で抑えながらスマホに戻すようにします。

この延長アダプタがすこしでもずれるとSIMカードの読み込みに失敗し、SIMカードを認識できなくなります。

うまくSIMスロットに戻せたら、スマホを起動してSIM2枚とSDカードが認識しているか確認してみてください。

AQUOSsense3にSIM延長アダプタフレキシブルケーブルSIM2枚とSDカード

電話番号が2つ表示され、上のステータスバーにSdカードが表示されていたら成功です。

AQUOSsense3SIM2枚とSDカード同時使用認識OK

この方法でSIMカードスロットが防水機能を正常に動作しているかどうかは不明です。
メーカーが規定していること以外の使用方法は自己責任です。

延長したSIMケーブルの処理

延長したSIMケーブルを固定しないまま、ポケットやかばんに入れて持ち歩くとケーブルが切れてしまいSIMの紛失にもつながるので危険です。

背面のみのソフトケースや手帳型でもいいのでケースで挟むように固定することをおすすめします。

zenfone3カーボンクリアケース
zenfone3の場合はこんな感じ

手帳型でもスマホを固定する部分がソフトケースならOKです。
しかし、ハードケースはSIMカード部分の厚みで浮いてしまうのでおすすめしません。

透明ケースでも使用上の問題は有りませんが、裏から見るとSIMとケーブルが丸見えなのでちょっと気になるという方は色付きのケースを使うといいですよ。

まとめ

SIMカード延長ケーブルは便利なものですが、SIMスロットに挟めるようにかなり薄いケーブルになっています。

きちんと理解して利用すれば特にトラブルは起きませんが、ケーブル自体の耐久性は低いのでちぎれたりする人も身近にいたので注意が必要です。

SIM延長ケーブルは安価で手に入り、まとめて買うと1つあたりの単価も安くなるので予備と合わせて購入することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました