Androidな毎日

Androidスマートフォン、タブレットの最新情報や活用方法の紹介。

Sony Tablet S 3Gを毎月維持費5円で手に入れる方法

      2016/02/21

MNPでドコモで契約すると月々サポートが増額されるのとSony Tablet Sの端末代一括
0円を組み合わせ、Wi-Fi環境のみで使用することで月々の維持費を5円に抑え、トータル25ヶ月1,205円で手に入れる事ができました。

20120414-194141.jpg

MNPでの契約準備と注意

まず、MNPをするために契約中の端末が必要だったのでauで新規契約一括0円の契約できる端末を契約しました。

持ち込みで契約できる端末があればそれでもいいです。

機種代は0円でも新規契約手数料が最初に3,150かかります。
そして、販売店によりますが0円端末や特売の端末は月々315円ぐらいするオプションにいくつか同時加入させられます。さらに2年縛りのプランにほぼ強制加入です。

初月無料、日割り可能、日割り不可などオプションによって異なるので契約時に確認しないと余計なお金がかかる場合があるので要確認です。

また、短期解約ではないですが短期間でこのような行為をするとブラックになるかもしれませんので注意。
ネット上ではこのような行為を2回線行ったため1年以上契約できなかったという情報が出ています。

今回は契約が完了して翌日ではauからMNPがすぐ出来ず、契約日から翌々日にMNPができたのでここでMNPの予約番号を電話にて取得しました。

本当は端末からMNPの予約番号を取得したかったのですが、ガラケーのEZwebからしかできないようでスマートフォンからは電話での手続きになりました。

新規契約ではなくMNPでドコモと契約する理由

近所の家電量販店ではSony Tabletを新規で契約すると一括0円です。
しかし、MNPで契約すると一括0円+JCBギフト券2万円がもらえました。

そして、ドコモの月々サポートは通常1,260円ですがMNPで移動することで+2,100円の月々サポートがたされ合計3,360円の月々サポートがされることになります。

ガラケー、スマートフォンからMNPでタブレットに変更するプランの問題

音声通信プラン契約していたものからのMNPになるので、タブレットといえども音声通信プランの契約に最初はなってしまいます。音声通信プランの基本料金と月々サポートを適用させるパケホーダイダブル以上のプラン契約が必要です。

通話のできない端末なので音声通信プランの基本料金が無駄になるので一度契約変更をかけデータプランの契約に変更することになります。この時のプラン変更は2,100円の事務手数料がかかります。変更しても月々サポートは適用されます。

そして、月々の支払いはデータ通信プランの従量制の最低料金2,500円とSPモードの315円です。
月々サポート相殺して月々の維持費が5円になります。

この5円っていうのはユニバーサル料です。
一つにの電話番号にかかる税金みたいなもんです。

あえて音声通信プランのままにする

本来のタブレットの契約はこうなりますが、以下の条件を満たす場合はあえて音声プランのまま契約しておくのもありだと思います。

  • 既存でドコモの携帯を使用している。
  • Sony Tabletのsimカードを挿し替えれる白ロムのガラケーかスマートフォンを持っている。
    (おそらくXi端末はsimカードが変わるはずなので不可?)

音声通信プランのままにしておき、ファミ割MAX50に加入+『タイプシンプルバリュー』のプランにすると月々の音声通信プランの基本料が780円になります。
月々サポートの使うために条件を満たす最安の「パケ・ホーダイダブル2」月々2,100円のプランを契約します。

これで月々の維持費は2,880円(SPモード,iモードを契約する場合は+315円)になりますが、月々サポートで3,360円の値引きがあるので結局のところし支払額は変わりません。

そしてFOMAの白ロムのガラケーかスマートフォンに挿し替えることで自分の既存の携帯からsimを差し替えた白ロムだった携帯への通話料が無料になります。

スマートフォンの場合はモバイルデータ通信をOFFにするのを忘れると上限の5980円までいってしまうので気をつけてください。

この端末は色々と便利に使えそうです。

実際の数字で費用をまとめてみると

 

              契約及びMNPをした月 翌月 翌々月
au契約事務手数料 -3,150 0 0
au基本料金(日割) -104 0 0
IS NET -315 0 0
安心ケータイサポート(日割) -42 0 0
auスマートパス -390 0 0
au違約金 -9,975 0 0
auMNP手数料 -2,100 0 0
-16,076
docomo契約事務手数料 -3,150 0 0
基本料金 -442 -780 -780
パケホーダイ -5,460 -2,100 -2,100
SPモード -315 -315 -315
オプション(0円購入条件) -1,260 -1,575 0
プラン変更 0 0 0
月々サポート 3,360 3,360 3,360
-7,267 -1,410 165
auの端末転売 10,000 0 0
JCBギフトカード 20,000 0 0
30,000
単月利益 6,657 -1,410 165
最終利益                             5,412
ユニバーサル手数料の5円は含まれていません。
最初にMNPをする用に購入した機種はヤフオクで転売してしまい現金化させます。
また、購入した家電量販店の条件で数点オプションに2ヶ月分入らないといけないので翌月はマイナスですがトータルではプラスになりました。

 - 通信業界ネタ , , ,