Androidな毎日

Androidスマートフォン、タブレットの最新情報や活用方法の紹介。

iPhone

auのiPhoneを月額3円で維持する方法

投稿日:2013年9月6日 更新日:

iPhone 5MNP一括0円で儲けた方法ですが、手に入れたiPhoneを売却しても2年縛りの契約だけが残っています。 これをどう処理するか。 基本的には0円で購入する時に条件として「誰でも割」(2年縛りの契約)「パケット通信料定額サービス LTEフラット」有効コンテンツ数点(3000円程度)に数か月などに加入が多いです。  

契約初月の明細書

au請求書

au通信料

    契約する時のポイントととして「パケット通信料定額サービス LTEフラット」や「インターネット接続サービス|LTE」は契約した月のみ日割りがきくので、わざと25日に契約しました。 通常の月では日割りはきかず、月の途中でパケット通信料定額サービスに加入するとその月は丸々料金がかかります。 2枚目のパケット通信料のところが従量制になっているのauショップのねーちゃんが間違えて申し込んでたのでクレームをいれるとLTEフラットを適用された状態にしてくれた内訳です。 初月はどうしても加入条件の影響や契約手数料などがかさんでこんな金額になっています。   そこでできるだけiPhoneは売却してしまいsimだけ残ってしまったりうので維持費を抑える、または解約する事になります。  

解約する場合のデメリット

■2年以内に解約するとかかる契約解除料が発生する。 ・契約解除料 : 9,975円 ■次のMNP弾として使える契約回線がなくなる。  

維持費をギリギリまで抑えて契約を残す

■契約したその月の末までに通話の基本使用料のプランだけを残し、その他をすべて解約する。 ・「パケット通信料定額サービス LTEフラット」や「インターネット接続サービス|LTE」は日割りがきかないので契約日から月末までのの料金がかかるので、月末までに外すのを忘れないように気をつけてできるだけ使うのも一つです。 ・インターネット接続サービス|LTEはあらかじめパソコンから解約申し込みできるようにau IDを取得しておく。 ※各自の良心によりますが、最初に条件で加入したものはお店との約束でありauの契約には関係ないので条件の契約期間を無視して解約する事は可能です。  

au6月請求書

 

月々の維持費は3円

  結果、通話の基本料金はウエルカム割で相殺されて0円になり、月々の維持費はたったの3円になる予定がauのねーちゃんの手違いでなってませんでした! 最初から売却予定だったので「AppleCare+」というアップルがやってる保障サービスには加入しないと伝えていたのに勝手に加入されており6月末分まで保障代の382円が乗ってる状態です。 翌月には1回線は通常通の使い方をしているので、3円にはなっていませんが残りの2機種は3円になっていました。 これは、auのウエルカム割、docomoのお乗りかえXiスマホ割があるうちだけできる方法です。   このまま24か月は毎月3円しかかからないので解約するメリットが全くありません。 この方法がある限りMNP→転売という流れは止まらないでしょうね。]]>

-iPhone
関連記事は右のタグをクリック→-