Androidな毎日

Androidスマートフォン、タブレットの最新情報や活用方法の紹介。

Android

【2018年最新版】auVoLTE対応おすすめDSDV対応スマートフォンまとめ

投稿日:2018年11月12日 更新日:

VolTE対応DSDVスマートフォン

 

UQモバイルなど、格安で通信速度が早いau系回線simの人気が出てきていることもあり、au系回線simと別のsimを同時に待ち受けできるDSDVスマートフォンが続々と登場しています。

au回線simとその他のsimを同時に利用したい人は参考にして下さい。

 

DSDVとは?Dual SIM Dual Vo-LTE」の略で、2枚のSIMでVo-LTEの待受ができるスマートフォンの機能です。

Vo-LTEはLTE(4G)の通信を使って通話をする機能で、今ではドコモ、au、ソフトバンクなど全てのキャリアで提供されています。

Vo-LTEのみで通話サービスを提供している回線のSIMを同時に2枚利用する際にはDSDVの機能が必須になります。

 

ASUS Zenfone 5,5Z

dsdv対応asuszenfone5 ze620kl

 

 

2018年6月15日 発売
価格:
Zenfone 5   52,800円
Zenfone 5Z 69,800円

スタンダードモデルの『Zenfone 5』とハイスペックモデルの『Zenfone 5Z』があります。

どちらの機種もauVolteとDSDVに対応しています。

 

6.2インチのノッチ付きの縦長画面を採用。
超高性能のSnapdragon 845(SDM845)、RAM6GB、ROM128GB搭載です。

 

Zenfone 5,5Zのスペック(性能)

 

  ZenFone 5 ZenFone 5Z
OS Android 8.0、ZenUI 5
CPU Snapdragon 845 オクタコア (2.8GHz) Snapdragon 636 (SDM636)
オクタコア (1.8GHz)
RAM 6GB
ROM 128GB 64GB
ディスプレイ 6.2インチ 19:9
フルHD+(2246x1080ドット)
SIM nanoSIMx2(デュアルスタンバイ・デュアルVoLTE DSDV対応)
FDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 28
TD-LTE: 38 / 39 / 41
W-CDMA: 1 / 2 / 3 / 5 / 6 / 8 / 19
SD SIMx2でmicroSDと排他利用
最大2TBまで対応
指紋認証 背面に設置
NFC
防水
コネクター USB Type-C、3.5mmヘッドホンジャック
静止画カメラ 1200万画素 1/2.55型 24mm(標準83度) F1.8+800万画素 12mm(広角120度) F2.2
動画カメラ 背面:4K UHD(3840×2160) 30fps、
フルHD(1080p) 120/60fps、HD(720p) 240fps
前面:800万画素 24mm(標準84度) F2.0
電池容量 3300mAh
サイズ 153 × 75.6 × 7.7mm
重さ 165グラム
充電時間 100分
本体カラー スペースシルバー、シャイニーブラック
定価 69,800円 52,800円

 

カメラの実性能もSDM845のISPで、特に暗いところでキレイにとれる優秀なカメラです。

 

ポイント実機で撮影した画像↓
zenfone5z夜景撮影

 

Zenfone 5と比べ、Zenfone 5Zは17,000円ほど高いですがスペックが桁違いによく、使用していてストレスを全く感じません。
予算を許す限りZenfone 5Zをおすすめします。

 

Zenfone 5Zのレビューはこちら

 

 

gifbanner?sid=3401344&pid=885475990最安でZenfone 5Zを手に入れるならNifMoで一括でも分割でも69,601円(税込)です。

 

OPPO R15 Neo

DSDV対応oppoR15neo

 

2018年8月31日 発売
価格:25,880円~

電池持ちを売りにしている「Zenfone 4 Max」よりも、少し性能と電池の持ちが良い省エネCPUを搭載したauVolte対応のDSDVスマートフォンです。

低価格な端末ですが、auVolteとDSDV対応し、さらにSIMカード2枚とマイクロSDカードを同時に使用することができます。

 

OPPO R15 Neoのスペック(性能)

CPU オクタコア1.8GHz SDM 450
RAM 3GB 4GB
ROM 64GB
ディスプレイ 6.2インチ
解像度 1520×720、19:9(ノッチ付き)
カメラ 1300万画素(F値2.2)+200万画素(F値2.4)/前面800万画素(F値2.2)
電池容量 4230mAh
サイズ 156.2 x 75.6 x 8.2mm
重さ 168グラム
連続待受 365時間 (実際はもっと長い)
充電時間 3時間 (80%充電なら2時間)
本体カラー ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク
価格 25,880円 29,880円

 

6.2インチの大画面にもかかわらず、画質はよくないのでグラフィックや写真を楽しみたい場合は、「OPPO R15 Neo」は避けた方がいいでしょう。
カメラ性能は2万円前後のスマホによくある画質なので、カメラ性能にも期待できません。

DSDV(auVoLTE)対応で、電池の持ちを優先するならこの機種です。

おサイフケータイ+DSDV(auVoLTE)対応+SIM2枚とSDを同時に使用したい場合はこちらの機種

 

auVoLTE非対応のDSDVスマートフォン

DSDV対応のスマートフォンでもauVoLTEに対応していない機種もるので注意が必要です。

 

HUAWEI Mate 10 Pro

DSDV対応huawei_Mate10Pro

 

2017年12月1日 発売
価格:89,800円

画面比が18:9の縦長6インチの大画面です。
超高性能な『オクタコア 2.36GHzx4+1.8GHz×4 HUAWEI Kirin 970』CPU、RAM6GB、ROM128GBを搭載しています。
カメラ性能はiPhone X並な最高クラスです。
被写体ごとに最適なカメラ設定を自動で行うAIカメラを搭載しています。

 

Mate 10 Proのスペック(性能)

OS Android. 8.0 Oreo
CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36 GHz A73 + 4 x 1.8 GHz A53)
+ i7 コプロセッサ / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit
RAM 6GB
ROM 128GB
ディスプレイ 6.0インチ OLED 2160×1080(有機EL)、HDR対応
SIM DSDV対応(docomo OK、ソフトバンク OK、au VoLTE不可
対応バンド
FDD-LTE: 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32、
TDD-LTE: 34 / 38 / 39 / 40 / 41、
WCDMA: 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
指紋認証 背面に設置
NFC
防水
コネクター USB Type-C、ヘッドフォンジャックは同梱されたUSB Type-Cの変換アダプター使用で可能
カメラ 背面ダブルレンズ(1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー)
前面800万画素
電池容量 4000mAh
サイズ 154.2 x 74.5 x 7.9mm
重さ 178グラム
充電時間 1時間30分(1時間で約9割の超急速充電が可能)
本体カラー ミッドナイトブルー、チタニウムグレー
定価 89,800円

 

DSDV対応ですが、au Volte非対応なので、au回線、au系回線の格安SIMでは通話やデータ通信ができませんので、お気をつけください。

auVoLTE、DSDV対応スマートフォンのおすすめの使い方

 

auVoLTE対応のDSDV対応スマートフォンであれば、
無制限のカケホーダイとストレスの少ない高速データ通信を一番安く維持費を抑えて利用することが可能です!

auのカケホーダイ(ガラケー契約)2,200円プランは、auから発売されているスマートフォン以外のスマートフォンであれば2,200円のまま使用できます。
※auで販売されているスマホにsimを入れると2,700円になります。

このauカケホーダイSIMと、格安SIMの中で安定して最高速が出るUQモバイルのデータ通信プランのSIMとを組み合わせることで、

カケホーダイ 2,200円+データ通信プラン(3GB) 980円
=3,180円

のコスパのいいスマートフォンが出来上がります。

 

-Android
関連記事は右のタグをクリック→-, , , ,