Androidな毎日

Androidスマートフォン、タブレットの最新情報や活用方法の紹介。

Android

ASUS Zenfone5Z(ZS620K)を1ヶ月使用したレビュー

投稿日:

以前に、「ZenFone 5(2018年)の購入をためらう理由」という記事を書きましたが、
2018年6月15日に発売されたハイスペック・simフリースマートフォンASUS Zenfone5Z(ZS620K)の方を購入して1ヶ月使用したのでレビューです。

購入を考えている方は参考にしてください。

ZenFone5Z(ZS620KL)

 

ZenFone5Zのスペック(性能)

OS       Android 8.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845 (オクタコアCPU)
GPU Adreno 630
RAM 6GB LPDDR4X
ROM 128GB UFS2.1
ディスプレイ 6.2インチ
解像度 2246×1080、19:9
カメラ 背面1200万画素(F値1.8)+800万画素広角/前面800万画素
SIMスロット デュアルSIM
(ナノSIMx2、DSDV対応、auのVoLTE対応、DSDVとマイクロSDの同時使用不可)
※SIM2枚とSDを同時に使う方法はこちら
電池容量 3300mAh
サイズ 153 × 75.6 × 7.7mm
重さ 165グラム
その他 指紋認証(背面)、ジャイロスコープ対応、デュアルスピーカー内臓、WiFi 802.11a/b/g/n/ac対応、USB Type C 2.0対応、CA対応
発売日 2018年6月15日
価格(税別) 6万9800円

 

自分的にここがいいと思うところ

自分的にいいと思うところを、独断と偏見でまとめてみました。

とにかく動きがヌルサク

アプリの切り替えや文字の入力など、何をするにもストレスフリーです。
ポケモンGOやPUBGの起動速度もZenfone3に比べて何倍も早かったので、比較動画を撮ってみました。

 

 

薄くて軽い

iPhone Xと同じ厚さが7.7mmですが、バッテリーがiPhone Xに比べ て584mAhも多い3300mAhでありながら、約10g軽い165グラムです。

背面ガラスで重いはずなのに、どうしてこんなに軽いのかと思うほどサイズに対して軽いです。

指紋認証が背面に戻って感度バッチリで不満なし

Zenfone3は背面に指紋認証のセンサーがあって使いやすかったのですが、Zenfone4はフロントのホームボタンと共有でした。

楽天edyなどアプリ等で指紋認証を使う際に、ホームボタンとしての機能が優先されたりと使い勝手が悪かったです。

Zenfone5,5Zになってから、背面に戻ったので使いやすく感度も不満ないです。

撮った写真がきれい

画素数は1200万画素です。
他のスマートフォンと大差ないですがZenfone 5ZはSoCがかなり優秀なため、少しぐらい暗いところでも失敗することなくきれいに撮影できます。

顔認証が意外と便利

iPhone Xのようにフロントカメラで顔を認識しロックの解除ができるようになりました。
iPhone Xに比べて認証速度は遅く、ちょっとタイムラグがある感じですが。

スリープモードからロック画面を表示させた際に出る通知は、顔認証で認証されない場合は通知が表示されず、顔認証が正常に認証された場合にだけ表示されます。
※暗いところでは顔認証できませんでした。

その他、良くなったなと思うところ

  • 本体下部のホームボタンなどが画面内に入ったことで暗いところでもわかりやすくなった。
    ※Zenfone3では、画面外の下にあったが光らないので夜見えなかった

  • NFC対応!これで電子マネーカードの残高が確認できる!

  • イヤホンジャックが底面に配置。
    充電しながらイヤホンを指すと上からも下からも線が出ている状態になって持ちにくかった。

 

まとめ

全く不満のない端末に仕上がっています!

おそらく、おサイフケータイ機能Felicaがない以外は他の機種に負けているところはほぼ無いと思います。

Zenfone5と5Zの価格差は、たった2万円以下です。

Zenfone5を検討される方は5Zも検討の視野に入れてみてはどうでしょうか。
本体デザインは同じなので、ケースなどの心配もありませんよ。

-Android
関連記事は右のタグをクリック→-,