ついにSHARPからDSDV対応スマホ発売『 AQUOS sense3 plus』

ついに国内メーカーであるSHARPからおサイフケータイとDSDV対応のスマホ『 AQUOS sense3 plus』が2019年の冬に発売されるようです。

おサイフケータイ、DSDV対応AQUOSsense3plus

AQUOS sense3 plusのウリ

AQUOS sense3 plusに私が注目している点は主におサイフケータイとDSDV対応している部分ですが、その他にメーカーとしてアピールしている点があります。

電池もち

バッテリーは、大容量の4,000mAhを搭載しIGZO液晶を採用することで電池もちを良くしています。

sense3に比べてCPUが少し上位スペック、メモリが2GB多いので消費電力は同じではないですが、sense3に近いはずなのでsense3の情報を参考に記載します。

音楽ストリーミング再生61時間、
HD動画再生20時間、
テザリング23時間

というタフな使いかたでも約一日電池がもつと公表しています。

sense3 plusでも起きてる間の時間ぐらいは充電しなくても良さそうですね。

sense3だとライトな使い方で1週間充電しなくてもいいようです。

ですが!!

ライト=一日1時間の利用、23時間待機という「何いってるねん!ほぼ触ってないだけやんけ!?」というレベルの使い方じゃないと1週間は持たないです。

メールやSNSなどの同期、通知で23時間待機状態でも1週間持たないと思いますが。

スペック詳細

ブランド名AQUOS sense3 plus
サイズ/質量約160mm×約75mm×約8.7mm/約175g
OSAndroid 9 Pie
CPUQualcomm® Snapdragon 636 mobile platform
1.8GHz+1.6GHz オクタコア
内蔵メモリRAM 6GB、ROM 64GB/128GB
ディスプレイ約6.0インチフルHD+(2,220×1,080ドット) IGZOディスプレイ
アウトカメラ
【標準カメラ】
有効画素数 約1,220万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値1.8レンズ[広角76°焦点距離27mm相当]
ハイスピードAF(全面位相差)
電子式手ブレ補正
新画質エンジンPropix2(被写体ブレ補正)
AIライブストーリー
アウトカメラ
【広角カメラ】
有効画素数 約1,310万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値2.4レンズ[超広角123°焦点距離16mm相当]
電子式手ブレ補正
新画質エンジンPropix2(被写体ブレ補正)
AIライブストーリー
インカメラ有効画素数 約800万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値2.2レンズ[広角80°焦点距離25mm相当]
Wi-Fi®IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth®Ver.5.0
バッテリー容量4,000mAh(内蔵電池)
防水/防塵IPX5・IPX8/IP6X
おサイフケータイ/NFC○/○
生体認証顔認証、指紋認証

DSDVは公式サイトには掲載なし?

各情報サイトでは、2019年9月25日にSHARPから発表されたとして『 AQUOS sense3 plus』がサイフケータイとDSDVに対応してる記事が出ています。

しかし、公式サイトにはおサイフケータイに対応している記載があってもDSDVに対応しているという記載がありません。

同時にハイエンドモデルの「AQUOS zero2」も発表がありましたが、おサイフケータイと DSDV対応に対応しているかの情報は見つかっていません。

2枚めのSIMはSDカードとの排他式

ZenfoneMAXシリーズなどのようにSIMカードx2枚、SDカードx1枚のように同時に3枚利用できる3スロットではなくSIMカードx1枚+SDカードもしくは、SIMカードのどちらかを挿れる2スロットです。

AQUOSsense3plus排他式SIMスロット

SIMを2枚挿れる場合は本体のROMが128GBを選ぶか、SDカードも同時に使うならフレキシブルケーブル延長アダプタを利用すればいいです。

取り扱いキャリア

auとソフトバンクが販売予定です。

キャリアから発売される端末はデュアルSIMモデルではなく、SIMフリー版のものだけデュアルSIMモデルになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました