【2020年下半期版】ドコモ、au、ソフトバンク学割情報まとめ

ソフトバンク、au学割

2020年~2021年にかけてのau、ソフトバンクの学割キャンペーンが発表されました。
※ドコモは発表されたら追記予定

毎月の料金が最安なキャリアは?
大容量プランだとどのキャリアが一番オトク?

などの比較も合わせてまとめていきます。

ソフトバンク、au、ドコモ【学割比較】

iPhone12など5G対応端末を購入すると5Gプランに強制加入になりますが、学割適用時の料金は4Gプランとかわりません。

ソフトバンク、au、ドコモが行っている学割キャンペーンは、それぞれ対象年齢や対象プランなど対象条件の違いがあります。

大きな割引額が対象になる期間は全キャリア6ヶ月間ですが、ドコモだけ500円~1,000円の学割が長く続きます。

まずは、各キャリアの最安月額料の比較からみていきましょう。

月額費最安対象条件ソフトバンクau(データMAX 4G LTEプラン)ドコモ
受付期間10月23日~2021年5月31日10月16日~未定10月30日~2021年5月31日
対象年齢5歳~22歳29歳以下22歳以下
学割対象期間翌月から6ヶ月間翌月から6ヶ月間当月(日割り)~6ヶ月間
月額費900円980円900円
対象データ容量~50GB~2GB~3GB
~60GB

最安になる条件

ソフトバンクau(データMAX 4G LTEプラン)ドコモ
条件①おうち割 光セットauスマートバリュードコモ光セット割
条件②家族4人で利用家族4人で利用家族3回線以上
(みんなドコモ割)
条件③スマホ応援割IIIdカード払い
メモ新規契約または他社からのりかえ、機種変更または契約変更。
端末持ち込み契約OK
新規契約またはのりかえ(MNP/番号移行)、機種変更。
端末持ち込み契約OK
新規契約またはのりかえ(MNP/番号移行)、機種変更。
端末持ち込み契約OK

ソフトバンク学割プラン詳細

ソフトバンクの学割対象は、5歳~22歳の方。
「動画SNS放題+50GB」プランが契約翌月から6ヶ月間900円で利用できます。

通話料は20円/30秒。
別途、定額通話オプション(有料)を申し込むことで1回5分無料または、24時間かけ放題にも変更可能です。

ソフトバンク動画SNS放題

ソフトバンク回線の月額費を最安にする条件

学割対象の1回線だけの契約でも割引されるものと、別に割引が適用されて月額900円になります。

逆に下記の条件を満たせない場合は、その分が月額費にプラスされます。

おうち割 光セット

以下の固定回線をすでに契約している、新たにソフトバンクで契約するときに申し込みすると毎月回線ごとに1,000割引されます。

  • SoftBank 光
  • SoftBank Air
  • Yahoo! BB ADSL
  • SoftBank ブロードバンド ADSL(エンジョイBB)
  • ケーブルライン
  • ひかりdeトークS(ケーブルライン)
  • NURO 光 でんわ(ケーブルライン)
  • Yahoo! BB 光シティ

みんな家族割+

家族4人(4回線)以上で家族割を組むと毎月回線ごとに最大2,000円引きになります。

家族割対象人数割引額
1人0円
2人500円
3人1,500円
4人以上2,000円

au学割プラン詳細

auの学割対象は、29歳以下の方。

■対象プラン

  • データMAX 5G
  • データMAX 5G Netflixパック
  • データMAX 5G テレビパック
  • データMAX 5G ALL STARパック
  • データMAX 4G LTE
  • データMAX 4G LTE Netflixパック
  • データMAX 4G LTE テレビパック


「データMAX 4G LTE」または「データMAX 5G」プランかつ、データ通信量が2GB以内であれば契約翌月から6ヶ月間980円で利用できます。

データ通信量が2GBを超えると2,460円になります。

通話料は20円/30秒。
別途、定額通話オプション(有料)を申し込むことで1回5分無料または、24時間かけ放題にも変更可能です。

au回線の月額費を最安にする条件

ソフトバンクと同じく学割対象の1回線だけの契約でも割引されるものと、それと別に割引が適用されるものを組み合わせて月額980円になります。

下記の条件を満たせない場合は、その分が月額費にプラスされます。

2年契約N

毎月170円割引。

2年以内に解約すると契約解除金が解約時に1,000円発生するオプションです。
7ヶ月以上契約を継続するのであれば、2年契約Nに加入したほうがお得。

auスマートバリュー

全国の対象固定回線サービスを提供している約180社の固定回線をすでに契約している、新たにauで契約するときに申し込みすると毎月回線ごとに1,000割引されます。

対象固定回線サービス会社一覧はこちら

家族割プラス+

家族4人(4回線)以上で家族割を組むと毎月回線ごとに最大2,020円引きになります。

家族割対象人数割引額
1人0円
2人500円
3人1,000円
4人以上2,020円

ドコモ学割プラン詳細

ドコモのロング学割

ドコモの学割対象は22歳以下。

毎月、
データ通信量が60GBまで利用できる「ギガホ」が契約当月~6ヶ月目まで900円
データ通信量が3GBまで利用できる「ギガライト」が契約当月~6ヶ月まで980円
で利用できます。

ソフトバンクやauと違い、ドコモは7ヶ月後以降も23歳になる月まで500円~1,000円割引の学割が継続し、安い方のプランでも通信量が1GB多い3GBまで利用できます。

ドコモ回線の月額技を最安にする条件

ドコモ回線も他のキャリアと同じく光回線などの契約がありきの最安900円になります。

『2年間の定期契約』もしくは、『dカードお支払割』

どちらかで毎月170円割引。


『2年間の定期契約』
2年以内に解約すると契約解除金が解約時に1,000円発生するオプションです。

『dカードお支払割』
2年間の定期契約なしでも、dカード/dカード GOLD(家族カード含む)で毎月の利用料金の支払いを方法すると適用される割引です。

ドコモ光セット割

1台あたり毎月1,000円割引。

フレッツ光回線またはケーブルテレビの設備を使ってドコモが提供する、光インターネットサービスです。

月額4,000円なので、ドコモ回線を4回線以上利用するなら実質月額料0円。

3人以下なら一台あたり1,000円の割引なので、スマホの月額費と別に毎月1,000円の費用が発生することになります。

自宅で動画配信サービスなどデータ量が多いものを利用する予定であれば、安定して高速回線がほぼ上限なく使えるでおすすめ。

「みんなドコモ割」3回線以上

同住所の家族や、離れている家族も含めることができる「ファミリー割引」のグループに3回線以上で最大の割引額になります。

ファミリー割引人数割引額
1人0
2人500円
3人1,000円

目的別で選ぶ

ソフトバンク、au、ドコモの各キャリアごとに料金は似ていますが、プランの内容が少し違うので使用目的によって選ぶといいでしょう。

YouTubeやSNSをよく利用するなら『ソフトバンク』

通勤、通学中に電車でYoutubeをよく見る人や、一人暮らしなどで家の固定回線を契約していない人は月額900円で動画SNS放題+50GBを利用できるソフトバンクがおすすめです。

スマホで動画やSNSを利用してもデータ通信量を消費しないので、50GBは通常のサイト閲覧やパソコンやタブレットをテザリングで使用する分で当てることもできます。

さらに、ソフトバンク代理店の【スマホ乗り換え.com】 からiPhoneSEやiPhone 12を申し込むと最大22,000円割引+PayPay1万円分がもらえます。

安さ重視!家族回線が3回線までなら『ドコモ』

とにかく安さ重視ならドコモです。

他のキャリアは6ヶ月で学割が終了しますが、ドコモは7ヶ月目以降もギガホで1,000円、ギガライトで500円の割引が23歳になるまで適用されます。

また、家族割が上限に達するので他社よりも少ない3回線で最大上限の割引を受けることができます。

固定回線割引の対象会社が多いのはau

全キャリア、光回線などの固定回線の契約があると1,000円割引が前提になっている料金プラン設定になっています。

ドコモとソフトバンクの場合は、自社サービス回線+αぐらいしか割引対象回線になっていませんが、auは対象になっている回線が他社回線を含め約180社ほどあります。

自宅に引いている固定回線をそのまま利用し、さらに割引を受けることができるの可能性が高いということは大きなメリットです。

学割期間終了後、7ヶ月目以降の料金

ソフトバンクの学割は毎月2,580円割引
auの学割は毎月1,000円割引~1,600円(プランによる)
ドコモの学割は毎月1,000円~3,080円(プランによる)

になっています。

学割と別でソフトバンクとauは1,000円割引のキャンペーンが適用されていますが、それも学割が終了する7ヶ月目以降はなくなります。

『7ヶ月目以降の月額費』
ソフトバンクは2,980円(2GBまで)4,480円(動画SNS放題+50GB)
auは2,980円(2GBまで)もしくは、4,460円(無制限)
ドコモは1,480円(3GBまで)もしくは、3,980円(60GBまで)

12ヶ月間の最安プラン月額費比較

ソフトバンクは7ヶ月目までは動画SNS放題+50GBの料金、8ヶ月目以降は2GBまでの料金です。
※初月は契約日によって日割り等が関係するので表には未記入。

ソフトバンクau(2GBまで)ドコモ(3GBまで)
1ヶ月目
2ヶ月目900円980円980円
3ヶ月目900円980円980円
4ヶ月目900円980円980円
5ヶ月目900円980円980円
6ヶ月目900円980円980円
7ヶ月目900円980円1,480円
8ヶ月目2,980円2,980円1,480円
9ヶ月目2,980円2,980円1,480円
10ヶ月目2,980円2,980円1,480円
11ヶ月目2,980円2,980円1,480円
12ヶ月目2,980円2,980円1,480円
20,300円20,780円13,780円

データ量2GB以上、12ヶ月間の維持費比較

ソフトバンクは動画SNS放題+50GB
auは無制限
ドコモは60GB

データ通信量が無制限でなくてもいいのであれば、ソフトバンクかドコモがおすすめ。

ソフトバンクauドコモ
1ヶ月目
2ヶ月目900円2,460円900円
3ヶ月目900円2,460円900円
4ヶ月目900円2,460円900円
5ヶ月目900円2,460円900円
6ヶ月目900円2,460円900円
7ヶ月目900円2,460円3,980円
8ヶ月目4,480円4,460円3,980円
9ヶ月目4,480円4,460円3,980円
10ヶ月目4,480円4,460円3,980円
11ヶ月目4,480円4,460円3,980円
12ヶ月目4,480円4,460円3,980円
27,800円37,060円28,380円

まとめ

大きい割引額が適用される学割はどこでも半年だけ、ドコモだけ少額の学割がずっと続く。

新しい機種がほしいのであれば【スマホ乗り換え.com】から申し込みで実質3万円お得。

2GB以上使うのであれば、ソフトバンクがトータル的に安い。

でも、2GB以下であればワイモバイルやUQモバイル、格安SIMなどの方が学割を気にしなくても安い。

タイトルとURLをコピーしました