おサイフケータイ、DSDV対応「AQUOS sense3」SH-M12 11月27日発売開始!取り扱いMVNO情報

先日から発売されると発表のあったDSDV対応、SHARP「AQUOS sense3」SH-M12 が2019年11日27日から順次発売されます。

「AQUOS sense3」SH-M12

以前に「ついにSHARPからDSDV対応スマホ発売『 AQUOS sense3 plus』」という記事を書きましたが、plusのついていないsense3もおサイフケータイ+DSDV対応になりました。

「AQUOS sense3」SH-M12 取り扱いMVNO

家電量販店や通販サイトでも取り扱いはされると思いますが、各MVNOでも取り扱いが開始されます。

goo SimselleがOCNモバイルONEとセットですが、期間限定で14,800円という異常に安い価格で販売予定。

おそらく他の機種と同様12ヶ月以内の解約で端末の解除金が発生すると思うのでgoo Simsellerで購入する時はOCNモバイルONEのSIMを12ヶ月(12ヶ月×980円)維持することになります。

それでも最安です。

取扱開始日価格
IIJmio2019年11月27日(水)10:00 発売一括/29,800円(税抜)
分割/月々1,250円(税抜)、24回払い
mineo 2019年11月29日(金)一括/36,000円(税抜)
分割/ 月々1,500円(税抜)、24回払い
goo Simseller
OCN モバイル ONE
2019年11月25日(月)
11時より販売受付
セール価格:14,800円(税抜)
 通常価格:23,100円(税抜)
セール期間:2019年11月25日11時

2019年12月24日(火)11時
ビックカメラ販売中39,380(税込)/ポイント3,938ポイント
イオンモバイル販売中 一括/34,800円(税抜)
分割/ 月々1,450円(税抜)、24回払い
BIGLOBEモバイル販売中一括/36,000円(税抜)
分割/ 月々1,500円(税抜)、24回払い

PayPayモールのgoo simsellerなら更に安くなる?

PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーン

goo simsellerがPayPayモールにも出店しているので「PayPayモールで100億円相当あげちゃうキャンペーン」の対象商品になれば、さらに安く手に入ることになります。

条件が揃えば最大20%分が還元されるので実質11,840円で購入することが出来ます。

「AQUOS sense3 SH-M12」のスペック

AQUOS sense3 SH-M12 ブラックAQUOS sense3 SH-M12 ライトカッパーAQUOS sense3 SH-M12 シルバーホワイト
ブラックライトカッパーシルバーホワイト
サイズと質量 約147mm×約70mm×約8.9mm
約167g
OS Android™ 9 Pie Android™ 9 Pie Android™ 9 Pie Android™ 9 Pie
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 630(SDM630)2.2GHz(クアッド)+1.8GHz(クアッド)
内蔵メモリ ROM 64GB/RAM 4GB
外部メモリ microSDXC 最大512GB対応
バッテリー容量 4,000mAh 4,000mAh
アウトカメラ(標準カメラ)有効画素数 約1,200万画素 CMOS 裏面照射型
F値 2.0[広角83°焦点距離24mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正(静止画のみ)
アウトカメラ(広角カメラ)有効画素数 約1,200万画素 CMOS 裏面照射型
F値 2.4[超広角121°焦点距離18mm相当(35mmフィルム換算値)]
電子式手ブレ補正(静止画のみ)
インカメラ有効画素数約800万画素 CMOS 裏面照射型
F値 2.2[広角86°焦点距離23mm相当(35mmフィルム換算値)]
外部接続 USB Type-C
イヤホンマイク端子(3.5φ)
充電時間 約170分(同梱のACアダプター SH-AC05使用時)
ディスプレイ約5.5インチ IGZOディスプレイ
フルHD+ (1,080 × 2,160)リッチカラーテクノロジーモバイル
連続通話時間VoLTE:約2,680分/3G:約2,330分/GSM:約1,110分
連続待受時間LTE:約850時間/3G:約960時間/GSM:約850時間
通信速度 受信時最大 350Mbps / 送信時最大 75Mbps
SIMカードnanoSIM×2 DSDV対応(1基はmicroSDXCカードスロットと排他利用)
生体認証 指紋認証、顔認証
おサイフケータイ/NFC
ハイレゾ
防水(お風呂対応)/ 防塵IPX5/IPX8(○)/ IP6X

「AQUOS sense3 SH-M12」はコスパのいい国内メーカースマホ!

メモリは4GB、
ROM(保存容量)は64GB、
解像度はフルHD+(2160×1080)
カメラ F値2.4 手ブレ補正1200万画素

で、この価格はすごいと思います。

CPUがミドルレンジクラスのSnapdragon™ 630 ですが、Galaxy S7/Xperia XZ,XZs/AQUOS ZETA(2016)などに搭載されているSnapdragon 820よりもCPUのスコアは上なので十分だと思います。

欲をいえば、

スロットがトリプルスロットではなく、SIM1枚+SDカード or SIMなのが残念です。
せめて、ROMが128GBあればSDカードは必要ないんですが。

価格が数万アップしてもいいんで、Snapdragon 855を積んでほしかった。。。

FOMA 3G SIMは使えるはず

AQUOS sense3 SH-M12は3GのSIMを利用することは可能だと推測できます。

公式サイトに、

3Gの連続通話、待受時間が記載されていることと、

■3Gバンド
Band1(2.0GHz)/ Band5(850MHz)/ Band6(800MHz)/ Band8(900MHz)/ Band19(800MHz)

の記載があります。

Band1(2.0GHz)が対応していればほぼどのエリアでも利用できます。
ドコモのプラチナバンドであるBand19にも対応しています。

キャリア版はDSDV非対応

ソフトバンク、au、UQ、ドコモからも型番違いの「AQUOS sense3」が発売されていますがDSDVには対応していません

さらに、ドコモ、ソフトバンク(sense3 basic)はおサイフケータイ(Felica)も搭載していません。

シャープはキャリアとズブズブなイメージでしたが、やってくれてますね。

まとめ

SIMフリースマホを探している方でDSDV、おサイフケータイ機能がほしいという方にはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました