【随時更新】ahamo、LINEMO、povo各プラン、対応機種まとめ
詳細はこちら

「ahamo」と「Softbank on LINE」はどっちがおすすめ?

「SoftBank on LINE(仮称)」

12/22にソフトバンクから発表されたドコモの「ahamo」に対抗した「SoftBank on LINE(仮称)」が発表されました。

月額料金や通信量など似た内容のプランですが、実は隠れた違いがあるのでそこを比較対象として両プランの比較をしてみます。

「SoftBank on LINE(仮称)」のプラン内容

月額料金:2,980円
データ量:20GB
通話料:5分以内の国内通話無料

2021年3月からサービス開始予定。

「SoftBank on LINE(仮称)」はahamoと同じデータ容量、無料通話時間、月額料金のプランです。

一点違うところはMVNOを提供しているLINEモバイルのプランがベースになっているするため、LINEアプリのデータ通信は20GBのデータ容量を消費せずに利用できます。

ソフトバンク回線の4G,5Gをそのまま利用できるのでMVNOだったLINEモバイルのように低速になりにくい。

LINE通話を使えば通話料、データ容量を気にせず通話し放題?

現時点では「SoftBank on LINE(仮称)」←仮称とついている状態なのでサービス開始時期までプラン内容が変わる可能性が出てきますが、
LINEアプリを使ったサービスならLINE通話やLINEのビデオ通話も全てデータ容量気にせず使えるようになります。

LINEモバイルは無料オプションの「LINEデータフリー」に加入していればLINEアプリ全部、データ量消費なしでした。

以前のソフトバンクならSNS使い放題の中で対象外の利用方法などの規制があったため、「SoftBank on LINE(仮称)」でもLINEのビデオ通話だけはデータ消費対象みたいなことにならなければいいんですが、メインブランドのソフトバンクもデータ通信量の上限をなくした「ギガ無制限」を発表したのでおそらく大丈夫なはず。

「ahamo」 VS 「SoftBank on LINE(仮称)」

ahamoSoftBank on LINE
基本料金2,980円2,980円
通信量20GB20GB
基本無料通話時間5分以内/1回5分以内/1回
通話し放題+1,000円+1,000円
LINEアプリデータ量消費データ量消費なし

「ahamo」はシンプルに20GBで2,980円、一回5分までなら通話料かかりませんよ~。
っていうプランです。

「SoftBank on LINE」は「ahamo」のプランにプラスLINEアプリはデータ量消費しないですよ~。っていうプランなので現時点ではコストパフォーマンスだけ考えると「SoftBank on LINE」がおすすめ。

「ahamo」を選ぶ人はどんな人?

あえて「ahamo」を選ぶ人は、

  • 今使用しているdocomoのスマホをそのまま使いたい
  • ソフトバンクが嫌い

ぐらいだと思います。

ドコモのスマホでもSIMロックを解除していればソフトバンクのSIMカードを利用することもできますが、メインのバンドに対応していないスマホだと電波が入りにくかったり、高速データ通信ができないエリアがあったりするのでよく調べてから利用するようにしてください。。

iPhoneはこのキャリア専用みたいな作り方をしていないので、国内向けのiPhoneであればドコモ、au、ソフトバンク全てのキャリアの電波に対応しています。

しかし、SIMフリーのiPhone以外はSIMロックがかかっているのでSIMロックを解除することで、どのキャリアの回線でも利用できるようになるためiPhoneユーザーは選び放題です。

まとめ

ahamo、SoftbankonLINEともに魅力的な料金プランですが、有店舗はないのでサポートは遠隔になります。

今までにMVNOを利用したことがある方は余裕だと思いますが、
そうではない方はSIMカードの入れ替え、APNの設定の方法がわからない、不安だと人は避けたほうがいいかもしれません。

スマホも自前で用意しないといけないですしね。

タイトルとURLをコピーしました